サイトマップ

お問い合わせ

  • HOME
  • New Class Sの光熱費

New Class Sの光熱費

COST

地域の住環境に、より適した住まいづくりを。
アーキテックプランニングは改正省エネ基準をクリアしています。

アーキテックプランニングでは、
エネルギーを無駄なくクリエイト。
年間を通してランニングコストを
大きく抑えることができます。
年間約13.94万円 低減します

アーキテックプランニングと
一般的な住宅のランニングコストの比較

■オール電化の場合

年間約8.2万円 低減します

■エコジョーズの場合(ガス+電気)

年間約4.01万円 低減します

改正省エネ基準をクリアしたアーキテックプランニングの標準仕様「New Class S」で
エコジョーズを導入した場合、大幅にランニングコストを抑えることができます。

算出条件

※≪世帯条件≫
カタログD-TYPE …基礎床面外周部:スタイロフォーム30mm、天井:ブローイングT=500、暖房負荷:10,240KWh(Q値1.074W/㎡・K、延床面積:120.49㎡[36.38坪] 24時間換気、第一種熱交換換気)。
一般の断熱性能 …外壁:高性能グラスウール16K(24K相当)T=105mm、天井:ブローイング300mm、 1F床下:高性能グラスウールT=200mm、暖房負荷:17,320KWh(Q値1.816W/㎡・K、延床面積:120.49㎡[36.38坪] 24時間換気、第三種換気)。
≪試算条件≫
ガス料金[北海道ガス(株)]…ゆ~ぬっく24ネオ
電気料金[北海道電力(株)]…従量電灯B(40A)ドリーム8+ホットタイム22ロング(6~10kVA)
≪システム構成≫
天然ガス…エコジョーズ、オール電化…電気ボイラー

※ガス料金…2017年5月分の適用単価(燃料費調整単価19.06円、環境税0.22円)。電気料金…2017年5月分の適用単価(燃料費調整単価北ガス2.16円・北電2.16円、再生可能エネルギー発電促進賦課金2.64円)。
◆本試算は標準的な家庭をモデルとしており、実際のエネルギーコストはお客様のライフスタイルや建築条件等により変動しますことをご了承願います。
◆本試算は各機器を導入した場合の光熱費などの効果試算であり、導入に関わる設備費用・工事費用は含まれておりません。

「改正省エネ基準(平成25年改正版次世代省エネルギー基準)」とは

住宅の改正省エネ基準への「経過措置期間」が2015年3月31日で終了し、4月1日から新基準「改正省エネ基準」(平成25年基準)が完全施行されました。旧基準「次世代省エネ基準」(平成11年基準)は建物の外皮の断熱性能だけで評価していましたが、新基準では「断熱性能」に加えて、「一次エネルギー消費量」も省エネ性能の物差しとして評価されます。戸建住宅では「外皮平均熱貫流率(UA値:ユーエー値)」と「冷房期の平均日射熱取得率(ηA値:イータエー値)」、そして「一次エネルギー消費量」が地域区分ごとの基準値以下であることが求められます。この新基準は2020年までに50%、2030年までに100%の新築住宅の適合を目指しています。